堀江貴文著「本音で生きる」を読了しました。
堀江貴文さんと聞くと真っ先に思い浮かぶのが「ホリエモン」という愛称や「ライブドア」といったワードだと思います。いろんな形で世を賑わせたりする知名度の高い方というイメージです。
これまで堀江さんの著書を読んだことがなかったものの、某バラエティ番組での堀江さんの姿を拝見してしばらくしてから書店で見かけた本書が気になりました。
どんなことを考えているのだろう、どんなタイムスケジュールを過ごしているのだろう、タイトルが示唆していることはどんなことだろう、という興味もありました。
いざ読んでみるとグサッと突き刺さる内容のものがあるものの、嫌ではありませんでした。むしろ堀江さんの発言に納得することが多々ありました。誰か他人のための人生ではなく、自分のための人生であるとか、出来ない理由を言うばかりでは良いことなんてないだとか、時間は有限、他人のことは放っておけ、言い訳をやめる等々。
特に、自分と意見が異なる人との意見交換することで相手を嫌いになるわけではなく、相手と互いに異なる価値観を持っていることがわかることが大事というような箇所に、堀江さんの考え方の端っこくらいは自分なりに解釈したように思います。

本音で生きる [ 堀江貴文 ]
価格:864円(税込、送料無料)