はじめに…

古田敦也著「うまくいかないときの心理術」を読みました。

読書感想

古田敦也さんと言えば、ヤクルトスワローズにて選手兼任監督となったことでも知られています。私は、野球に関して知識が乏しいものの、この本を読むことで古田さんがいかにして正捕手として、あるいは監督として活躍されていたのかを知りたくて読みました。この本を1冊読むことで何か得るものがあるように思いました。
いざ読んでみると、古田さんが野球で経験してきたことが、社会人として社会で働いていく上で大切なことに通じるような内容が詰め込まれていました。
プロ野球選手として活躍されてきたからこその着眼点からのお話が多々あり、野球のことに詳しくなくても学びの多い1冊でした。気持ちの切り替え方であったり、人との接し方はエピソードが具体的ですぐにでも試したくなるものもありました。
また、自分自身がすべきこととしても努力の方向が間違っているかどうかの見直しの必要性だとかは、ハッとさせられました。

最後に…

「うまくいかないときの心理術」を読んでみて、どんな職業であれ、この本に記述されていることで取り入れたくなることは少なからずあると思います。

 

うまくいかないときの心理術 [ 古田敦也 ]
価格:842円(税込、送料無料)