はじめに…

「わたしのマトカ」片桐はいり著は、何度も繰り返し読んでいるお気に入りの1冊です。

読書感想

この「わたしのマトカ」は、片桐はいりさんが映画「かもめ食堂」の撮影で滞在したフィンランドでの日々を綴ったものです。過去に体験した旅行での体験を交えながら、フィンランドでの撮影の日々は片桐はいりさんならではの好奇心が織り交ぜられていてユーモアもたっぷりです。

その町のことはその町を歩いている人に聞く。そして行ったお店や手に入れたおみやげ物が当たろうとはずれようと、わたしはそのことに費やした時間に満足をするのだ。(「わたしのマトカ」本分より抜粋)

 

あまりに得体の知れないものに出会うと、喜びすら湧きあがる。狭く思えた地球が果てしなく広く感じられる。この世にはまだわたしが知らない味がある!そう思ったら、なにやら胸がときめいた。(「わたしのマトカ」本分より抜粋)

 

フィンランドの人たちは、みんなムーミン谷の住人だった。わたしたち日本人は集団で旅をするニョロニョロだ。わたしはたまにはぐれたり、群れに戻ったりしながら、こうしてひと夏、ムーミン谷をうろついていたわけだ。(「わたしのマトカ」本分より抜粋)

フィンランド滞在中の片桐はいりさんは、撮影をこなしながらもフィンランドを好奇心の赴くままに楽しんでいた様子が文章からにじみ出てくるようでした。現地スタッフの様子ややりとり、片桐はいりさんが散策で訪れた場所で出会った人々の様子からも、フィンランドという国の人柄だとかも伝わってきて、フィンランドへの興味が増しました。

片桐はいりさんの言葉を借りれば、フィンランドの”魂の味”や”小銭レベルでの冒険”に胸を躍らせる楽しみ方は、親近感が湧きました。時に失敗したり、予想外のことが起きることすら楽しむ余裕があるところも素敵だな、と思いました。

映画「かもめ食堂」の撮影終了後、現地に数日間残った片桐はいりさんが、ファーム・ステイで過ごした時間には、予想外のハラハラさせられるシーンがあるところも、こころ温まる人とのやりとりや動物たちとのふれあいもありました。

最後に…

「わたしのマトカ」は、国内外問わず旅先での滞在中の楽しみ方の見本を、片桐はいりさんに見せてもらったような気持ちになれる1冊です。