月額980円で利用できるAmazon Kindle Unlimitedを利用し始めて数週間が経過しました。Amazon Kindle Unlimitedを利用し始めてから、私なりのこのサービスについての感想をまとめました。

12万冊以上の本、コミック、雑誌および120万冊以上の洋書を読み放題、というのはユーザーにとって魅力溢れるサービスです。たとえば雑誌2冊ほどで、月額をクリアしてしまうというお得さがありがたいです。

雑誌も対象のものが多く、紙媒体で読みたい、あるいは付録が欲しい、ということさえなければ、1クリックでダウンロードできる手軽さが嬉しいです。コンビニや書店で気になった雑誌を気軽に読めるのは、便利です。

ビジネス書、専門書、漫画、エッセイ、小説、自己啓発書、Kindle本、対象のものが幅広く、Amazon Kindle Unlimitedの利用にあたっての満足度は高めです。

もとより読書が好きで、たくさん本を読みたい、いろんな作品や作者に出会いたいと思っていたので、ありがたいサービスに出会えました。

過去に気になっていたまま読まずにいたものが、幸運にも対象だったり、このサービスが始まる直前に購入した本が対象になっているのを発見したり、一喜一憂しました。

必ずしも読みたいものが対象ではないので、購入する本、サービスを利用する本と使い分けが必要です。また、たまたまサービス対象の本で読みたいものが多かったことから、だんだんと惰性でダウンロードしてしまったりもしたので、気をつけたいところです。

Amazon Kindle Unlimitedは、まだ日本国内では始まったばかりのサービスですし、使い方次第で有効活用できます。いろんな作品との出会いも楽しめるので、今後も楽しんで利用していきたいサービスです。