はじめに…

有元葉子さんが料理研究家であることは知っているものの、どういった方なのかは知らなかったので、「毎日すること。ときどきすること。」有元葉子著を読みました。

読書感想

「毎日すること。ときどきすること。」は、料理研究家である有元葉子さんによるエッセイです。有元葉子さんの本は、レシピ、エッセイ含め本書が初めてです。どういった方なのか、だとか含めてワクワクしながら読みました。

すべてを出しきったほうが、新しいアイデアや考え方がわいてくるし、面白い情報が入ってきたりもする。出しきることで新しい空気が入ってきて、脳がしなやかになる感覚があります。(「毎日すること。ときどきすること。」本文より抜粋)

「結果」よりも、まず「やる」か「やらない」か。結果はあとからついきます。(「毎日すること。ときどきすること。」本文より抜粋)

料理のこと、料理器具のこと、暮らしのこと、考え方などいろんなことが綴られていました。日々の習慣だとか、旅行へ行くときの荷物、旅先での過ごし方など、参考にしたいことがいくつもありました。

最後に…

「毎日すること。ときどきすること。」を読んでみて、料理のことやアイデアのこと、行動どんなことでも鮮度が大切なんだな、と改めて考えさせられました。有元葉子さんが習い事であったり、いろんなことに対してのアクティブさには見習うべきところがある1冊となりました。