はじめに…

Twitterでの佐藤二朗さんの日々のつぶやきのおもしろさはクセになるものばかりなので、「佐藤二朗なう」佐藤二朗著を読みました。

読書感想

「佐藤二朗なう」は、俳優・佐藤二朗さんのTwitterに投稿されたもののから厳選された117のツイートに佐藤二朗さんご本人のコメント付きという1冊です。

Twitterでの佐藤二朗さんの日々のつぶやきのおもしろさはクセになるものばかりです。まじめなこと、酔いにまかせたこと、奥様のこと、息子さんのこと、佐藤二朗さんの日常がTwitterの投稿は、本になったら一層楽しめました。

一層楽しめたのは、シラフの佐藤二朗さんがこれまでの自身のTwitter投稿へのコメントを入れています。そして、本だからこそ捲っても捲っても佐藤二朗さんだから。

俳優だから自分の家族やプライベートなことは語らない、という一種のかっこよさやミステリアスさも良いですが、佐藤二朗さんにはこのままで貫いていただきたい、そう感じるつぶやきばかり。

ご自宅で晩酌を楽しんでおられるところにも親しみが湧きました。赤提灯系の居酒屋にもいてほしいけれど、佐藤二朗さんのつぶやきを拝見していると、ご自宅で存分に酔いしれたり、奥様や息子さんとの時間を満喫してほしい、そう願いたくなるのでした。

あとがきには、演出・監督の福田雄一さんのコメントが添えられていて、佐藤二朗さんとの親密さが窺えました。

最後に…

「佐藤二朗なう」は、読めば読むほどに、佐藤二朗さんという俳優さんの味わい深さ、お人柄がにじみ出てくるような1冊でした。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

佐藤二朗なう【電子書籍】[ 佐藤二朗 ]
価格:953円 (2016/9/4時点)