はじめに…

タイトルに惹かれ、「脳が冴える15の習慣-記憶・集中・思考力を高める」築山節著を読みました。

読書感想

脳が冴える習慣、と聞いてパッと思い浮かぶものってなんだろう、と考えてみると、曖昧なものしか浮かばず、読んでみることにしました。

人間はどこかで、会社なり学校なり、自分以外の誰かに動かされている環境を持っていなければいけません。何も強制されていない環境に置かれると、人間はいつの間にか、脳のより原始的な機能である感情系の要求に従って動くようになってしまいます。その結果、生活リズムを失い、面倒なことを避けるようになり、感情系の快ばかりを求める生活になる。脳は基本的に怠け者であり、楽をしたがるようにできています。(「脳が冴える15の習慣-記憶・集中・思考力を高める」本文より抜粋)

 

脳の基本回転数を上げるには、時間の制約が必要です。距離と時間から速さを算出する式がありますが、それにたとえて言えば、距離は仕事の量や問題の量です。何時までにこれだけの仕事をしなければばならない、何個の問題を解かなければならないという状況が与えられていないと、速さである脳の基本回転数は上がりません。(「脳が冴える15の習慣-記憶・集中・思考力を高める」本文より抜粋)

脳の基本回転数、この言葉をこの本を読むことで初めて考えることとなりました。たしかに、タイムマネジメントを心がけていると、作業の工夫や行動の効率性を考えるようになるもの、と思い当たる節があります。

時間の制約があることで、脳の基本回転数、というものを上げようとすることで、脳が怠け者になることを避けられるのであれば、こういった工夫は私なりに取り入れ続けようと思いました。

小さな雑用を毎日積極的に片付けていると、その程度のことなら面倒くさいとは感じなくなってきます。同時に、イライラも抑えやすくなる。これは脳の中で、感情系に対して思考系の支配力が強くなったことを意味しています。(「脳が冴える15の習慣-記憶・集中・思考力を高める」本文より抜粋)

この箇所を読んでみて、脳が冴える、ということが感情をもコントロールしやすくなるのは、良さそうだと思いました。著者の築山さんが記述されているような問題解決能力の高い人に近づいていける、というのは嬉しいものです。

最後に…

「脳が冴える15の習慣-記憶・集中・思考力を高める」を読んでみて、習慣の改善だとかを少しずつ取り入れてみることから始めてみたいと思いました。