このところずっと、仕事上の人間関係で胸につかえているものがありました。とてもモヤモヤしていて、どうしようもない気持ちになったので、現在の状況をノートに書き出してみました。

dsc_7290ss

思い浮かぶことは、次々にノートへ書き出して、書き出したことを客観的に読むような気持ちで眺めました。そこから、自分が何を感じたかを考えて、まとめてみました。

そして、数日ほど考えを寝かせてみました。そうすることで、本当に相談すべきことなのかどうなのか、ということを含め私の中でぐるぐると思いが巡りました。

dsc_7287ss

思い巡らせた結果、上司へ相談することにしました。上司のスケジュールが運よく朝一番に空いていたので、午前中の慌しさに紛れて、相談することができました。

上司に相談したことで、胸につかえていたものが少し楽になりました。社内のことは、社内の人間に相談できるのであれば、それに越したことはない、とも感じた瞬間です。

上司が真摯に私の話を聞いてくださったことで、誠実であることや正直であること、物事から逃げないことの大切さを改めて認識しました。大袈裟かもしれないけれど、こういうことは後にも響くから早目の相談が肝心とも思いました。

これまでは我慢することを選ぶことが多く、当然の如く何も変わることは無くて、むしろ人間関係が悪化したり、私自身が心身ともに追い詰められるようなこともありました。転職を幾度か経てきた経験がそうさせたのかもしれないけれど、今回はこれまでのことも踏まえて、先へ進めたような気がしています。