東京都渋谷区神宮前にあるセゾンアートギャラリーにて、2016年11月30日まで開催中の「えんとつ町のプペル展」へ行ってきました。セゾンアートギャラリーへ到着し、ギャラリーの中へ足を踏み入れると、コンパクトなスペースながら、「えんとつ町のプペル」の光る絵が、ずらりと展示されていました。

2016-11-07-11-55-58-hdr

暗い展示スペースでは、光る絵の明かりが絵をさらに幻想的に見せ、ギャラリー内では「えんとつ町のプペル」にぴったりな音楽も流れていて、素敵な空間になっていました。

2016-11-07-11-55-38

光る絵を眺め、流れる音楽に耳を傾けるだけではなく、展示されている絵を撮影して良い、というのも、いろんな人と共有したり、拡散する、という意味でも嬉しいものです。自分が心に残っているシーンを光る絵として展示されているものを撮影し、それを誰かと共有するも良し、自分だけの思い出にするも良し。雰囲気を味わい尽くすだけではない展示は、見ていても撮影していても楽しくて、わくわくします。

2016-11-07-11-56-50-hdr

私は、ぐるりと展示されている光る絵を眺めつつ、合間に撮影していたつもりが、絵ばかりを撮影していたため、3枚程度撮影したのみでした。「つもり」になる、というのは、怖いものですね。周囲の方々も、思い思いに撮影されていたので、その姿を横目に私も撮影しているつもりになっていたようです。

無料で見ることができて、光る絵を眺めていると不思議と元気が出てくる「えんとつ町のプペル展」に足を運んでみてよかったです。