はじめに…

「ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版」を読みました。

読書感想

学生の頃からずっと読んできたハリー・ポッターシリーズのキャラクター達が、大人になり、結婚し、親となった姿や子どもたちとのやりとりは、微笑ましくもあり、ワクワクするものがありました。

『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経って、夫となり、父親になったハリーの姿、ロンやハーマイオニーとのやりとり、ドラコとの関係の変化…。ドラコとの関係の変化には、本当に驚いたけれど、大人になるというのは、そういうものなのかもしれない、と思いました。

また、ハリー・ポッターの子どもとして生きる子どもたちの姿や言葉には、かつてのハリーの姿と重なる部分を思い起こすものもありました。

「ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版」は、舞台脚本の形式をそのままに本にしたものなので、これまで読んできたハリー・ポッターシリーズとは異なる記述形式でした。舞台脚本そのものも、読んだことがなかったので不安はありましたが、読み進めるごとにハリー・ポッターの世界が脳内に広がっていくかのような感覚を思い出しました。

そして、物語の情景を映画版で観た世界観やこれまでのシリーズの描写を思い出しながら「ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版」を読むことは、むしろ新鮮な気持ちで最初から最後まで読むことができました。

最後に…

これまでのハリー・ポッターシリーズ同様に、J・K・ローリングさんによるハリー・ポッターの世界感が存分に描かれた愛蔵版が発売される日程は現状わかりませんが、そちらも楽しみにしておきたいと思いました。