仕事やプライベート問わず、大人になると、ついつい知らないことに出会っても、知らないことをそのままにして、気づけば時間ばかり過ぎていく、そんな場面が多々あるかと思います。

私自身、以前までは知らないままにしていた物事が多々ありました。そうした自分であったことも転職をしたからこそ、気づくことができた自分の弱点です。

現在は、どうだろうか?

dsc_7692

現在では、知らない物事をそのままにしておくことが勿体無いと思い、状況に応じてですが、できるだけ調べたり、その分野に長けている方にお伺いできる場合は質問したりするようにしています。

なぜ、そうするようになったのか?

それは、知らないことが大人になっても、多くあって知らないままでいるより、知ることで得られる情報や知識は、ワクワクすることに気づいたからです。

dsc_7684

それだけではなく、そういった自分の知らない情報を教えてくださる方というのは、誰かに共有する喜びを知っている方が多い、という印象があります。

コミュニケーションを取る、という意味合いでも、知らないことを知っていそうな人に声をかけてみるだけでも、効果はあるものです。その方がご存知でなくても、また別の方が話の輪に加わってきて、知りたかった情報以外にも、おまけの情報が耳に入ることもあります。

 

知らないことを知ったかぶりする、ということほどつまらないことはない、ということにも気づかせてくれたのが、知らないことを知ろうとする気持ちや行動でした。

大袈裟かもしれませんが、これが本当に侮れないのです。

こう思うからこそ、私自身も知っていることは出し惜しみせず、誰かと共有していきたい、そう思っています。