内向きで過ごす時間、というものがもたらすものの良さを感じるこの頃なので、ここに記しておこうと思います。

誰とも関わらず過ごす時間=内向きで過ごす時間

というわけではなく、何かに没頭する時間がもたらすものが、別の何かに繋がることもあると思うことが、ここ最近いくつかありました。

内向きで過ごす時間=自分と向き合う時間

というのが、今の私の脳内のイメージです。

DSC_8243

たとえば、先日、久しぶりに写真を撮りたくて、出かけました。撮影したいものを、ただひたすらに撮影する。とても充実した時間です。

ピントが合っていようがいまいが、自分の撮りたいイメージに少しでも近づけるように試行錯誤する。

撮影している時間は、自分を見つめる時間でもあるように思います。半年前、1年前とは、撮りたいイメージだとかが、微妙に変化していたり、使用しているカメラとの距離感だとかが変わっていたりするものです。

DSC_8219

好きなこと、やりたいことに対して、とことん向き合うことで見えてくるものが、どんなことであれ、何も発見がない、なんてことはないはずです。

自問自答を繰り返すことで、自分が求めるものに近づいていくことだったり、目指したいものが見えてきたりすることの楽しさは、自分だけのものです。

内向きで過ごす時間、というものをふと考えたみたら、見えてきたものがあった、という話でした。