はじめに…

森 博嗣さんによる「夢の叶え方」の話とは、どんなものだろう、と思い、「夢の叶え方を知っていますか?」森 博嗣著を読みました。

読書感想

「夢の叶え方を知っていますか?」を読み始めてみると、森博嗣さんだからこその淡々とした文章の中に、夢の本質、夢の受け止め方が記述されていました。

「夢」というのは、自分の自由の追求である。しかし、それははたして、自分が「見たい夢」なのか、それとも人に「見せたい夢」なのか、一度じっくりと考えてみることをおすすめする。(「夢の叶え方を知っていますか?」本文より抜粋)

自分が見たい夢なのか、それとも人に見せたい夢なのか、といったことを問われることは、そうそうないものです。だからこそ、自分が描く夢、に対して考えてみることの大切さを諭されました。

体調が良いときも悪いときも、一歩でも良いから前進する。何ができるのか考え、考えたことを順番に実行に移す。この方法以外で夢は実現できない、と僕は思っている。

逆に言えば、それをしないで訪れる夢なんて、本物ではない。(「夢の叶え方を知っていますか?」本文より抜粋)

森 博嗣さんの言葉から、自分のことを考えてみたり、思い返してみて、ふんわりした考えばかりではなく、具体的に考えたり、行動することで見えてくるものの良さをイメージしました。

森 博嗣さんのエッセイを読んでいると、いつも森 博嗣さんの生活ぶりから満ち足りたものを感じます。そして、この「夢の叶え方を知っていますか?」を読むと、若い頃と現在での仕事のやり方がどう変わっていったのかも記述されていることから、参考になることもありました。

「夢の叶え方を知っていますか?」では、健康についても綴られていることから、どんな夢であれ、夢を叶えることは心身ともに健康管理が大切であることも、森 博嗣さんと奥様の具体的な話から読み取れました。

たしかに、無理がたたっては夢どうこうの話ではなくなる場合もあるのですから、健康管理はどんな面においても大切だと改めて思い知らされました。

夢の本質とは、自分を楽しませることだ。自分を縛りつけるために夢を目指すのではない。いつもこれを思い出そう。(「夢の叶え方を知っていますか?」本文より抜粋)

私なりに様々な自己啓発系の本を読んできましたが、どんな本であれ、夢の本質が自分を楽しませること、というのは、見たことがないように思います。

最後に…

「夢の叶え方を知っていますか?」を読み進めながら、自分を楽しませること、が自分にとってはどんなことだろう、と想像するのは楽しいものでした。