はじめに…

D・カーネギーという名前をビジネス本だとかで見聞きするものの、これまで読んだことがありませんでした。Amazonでの購入履歴からのオススメ本にも出てきたことから、この機会に読んでみようと思い、「こうすれば必ず人は動く」D・カーネギー著、田中孝顕訳を読みました。

読書感想

実際にアメリカで放送されていたラジオ番組の書籍化、ということで脚本をそのままに、というような内容で、読みながらシチュエーションを想像したり、言葉がすんなりと入ってくるようなイメージで読み進めることができました。

どのような状況であれ、間違いを犯したときには、それを素早く、十分に、心から認めるということがいちばん賢明である(「こうすれば必ず人は動く」本文より抜粋)

社会人になってから、大人の扱いを受けるようになってから、様々な状況を乗り越える度に、疎かにしてしまいがちなことを、改めて思い出させてくれる言葉が、テーマごとに記述されていました。

どんなに人が間違っていると思えても、人を悪しざまに非難してはならない。人を非難する前に、まず自分自身を正すこと。(「こうすれば必ず人は動く」本文より抜粋)

誰かに対して間違っていると思うと、いろんな感情が湧いてくるものですが、この言葉が目に入ってきた途端、今後は、この言葉にあるようなことを自分自身に問いかけてみたい、と思いました。

最後に…

「こうすれば必ず人は動く」を読んでみて、人を動かすこと、ばかりのみならず、時に自分自身に問いかけることの大切さも教えてくれるような1冊だと思いました。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こうすれば必ず人は動く [ デール・カーネギー ]
価格:756円(税込、送料無料) (2017/2/3時点)