久しぶりに夢の島熱帯植物館へ行ってきました。夢の島熱帯植物館を訪れたのは、昨年の春頃以来です。

夢の島熱帯植物間は、ほどよくのんびりできて、気ままにカメラでの撮影を楽しめ、館内では熱帯植物、外へ出るとハーブなどが楽しめます。

今の時期だと外の冷たい風を忘れるくらい、夢の島熱帯植物館の館内は暖かく、熱帯植物の花のカラフルさを楽しめる空間となっています。

カカオの実、パイナップルが実っているのを見つけた時は、ワクワクしました。トロピカルな雰囲気は、冬だということを忘れさせるような陽気さがあるように思います。

夢の島熱帯植物館の館内では、食虫植物も展示されていて、植物の多様さを見学できます。

夢の島熱帯植物館の館内を一通り見学し終えて、外に出ると入口横あたりにミモザの木があることに気づきました。わさわさと咲くイエローの花が、かわいいミモザを見ることができました。

ミモザの横には、ジャノメエリカが咲いていました。ミモザの木も立派な大きさでしたし、ジャノメエリカの木も立派なサイズで、見応え十分でした。

夢の島植物館の敷地をぐるりと散策してみると、遠くに東京スカイツリーが見えました。

なんだかんだと夢の島熱帯植物館を満喫してから、夢の島公園内を散策することにしました。ちょうど、夢の島熱帯植物館から出てすぐのところには菜の花畑がありました。

菜の花畑を撮影していると、ミツバチがブンブンと音を立て飛んでおり、春の気配は植物だけではないことを感じ取りました。その後、都立第五福竜丸展示館を見学したり、東京夢の島マリーナへ散策してみたりと行き当たりばったりの散策を楽しんできました。