ふと自分で撮影した写真を見返していたら横位置ばかりだった

最近、カメラ片手に出かけて写真を撮ることは好きだけれど、写真を撮る度に、どことなくモヤモヤした気持ちでいました。ふと思い立って、ここ数年分の私が撮影した写真をざっくりと見返してみました。

すると、私が撮影した写真は、どれもこれも構図が横位置ばかりでした。特に横位置へのこだわりはないけれど、無意識のうちに横位置ばかり撮影していました。

横位置ばかりではなく縦位置で撮影することで写真表現の幅を広げたい

カメラが好き、写真が好きだからこそ、今まで見てきた景色を違った視点で見ることも大切ですし、なによりも無意識でやみくもに撮影してばかりいては、自分の癖すら掴み取れないと思いました。

これまでに意識して撮影することがなかった構図を取り入れることで、ここ最近のモヤモヤした気持ちを拭い取りたい、という気持ちを胸に出かけてきました。

言うは易し、で終わらせず、いざ実践

カメラ片手に出かけた場所は、向島百花園です。3月中旬ともなれば、梅の花が散り始めていましたが、カンヒザクラ、木瓜の花、サンシュユなどが咲いていました。

向島百花園へ入ってすぐのところには、サンシュユの木があり、黄色の花も咲き誇っていて、縦位置撮影を試みましたが、納得のいく仕上がりにはなりませんでした。そこで諦めてはいけないので、サンシュユの木の下に佇む鳩を撮影して気持ちを持ち直して、木瓜の花を撮影しました。木瓜の花の美しさと背景の玉ボケの組み合わせが、お気に入りの1枚です。

向島百花園の敷地内から見える東京スカイツリーも、縦位置で撮影すると新鮮でした。東京スカイツリーのような縦長の被写体を、よりダイナミックに撮影してみたい、という目標もこの撮影で芽生えました。

向島百花園では、ミツマタの花もポツリポツリと咲き始めていて、やわらかな印象のイエローが目を惹きました。縦位置でミツマタを撮影すると、なんかかわいいな、と思いました。ミツマタの形状がどことなく苦手でいましたが、いつもと違った構図で撮影することで、ミツマタのかわいい部分を見つけられました。

マンネリを感じたら、客観的に自分の写真と向き合う

ここ数年分の私の写真を見返してみたからこそ気づくことができた構図のことは、私にとっては大切な気づきでした。これからも続けていきたいカメラや写真のことだからこそ、たまには新しい風を吹き込むことで楽しみ方の広がりを見つけることができました。