東京都内で唯一の水郷景観を持つことでも知られる水元公園へ出かけてきました。水元公園は、メタセコイアの森、ポプラ並木、はなしょうぶ園、バードサンクチュアリ、バーベキュー広場、ドッグラン等、広大な敷地でした。

 

ゴールデンウィーク中とあって、家族連れの方が大勢いらっしゃいました。水辺では、至る場所で釣りをしている方が老若男女問わずいらっしゃいました。

芝生の場所や木陰も多く、森になっているところもあり、愛犬家の方々も多く見かけました。ドッグランも敷地内にありましたが、水元公園内をお散歩するだけでも、十分満足なほどたっぷり歩きました。

水元公園の敷地内のいくつかの場所では、鯉のぼりがはためいていて、お子さん連れの方々が記念撮影を楽しむ姿を見かけました。青空と鯉のぼり、そしてお子さんの姿は微笑ましかったです。

水元公園へ初めて訪れたからには、興味の湧いた場所はできるだけ足を運びたい、と思い散策しましたが、水生植物のエリアは少し気が早かったようです。

水生植物のエリアから、かわせみの里まで移動してみるとカメラを三脚にセットしたカメラでスタンバイされている方々の姿に野鳥の姿を期待しましたが、タイミングが悪かったようで野鳥との出会いは叶わずでした。水元公園の敷地内を散策していると、そこかしこから野鳥のさえずりは聞こえるものの、なかなか姿を見つけられませんでした。

水元公園では、木陰や水辺を歩いていると、とても気持ち良い時間を過ごせました。思っていた以上に水元公園の敷地が広く、すべてを見回ることはできませんでしたが、また訪れてみたい場所に出会えました。