少し汗ばむくらいの陽気の昼間と、肌寒いくらいの夕方以降の気温差に服装を迷う日々が続くこの頃ですが、カメラを片手に出かけると色彩豊かな景色と出会える季節となりました。

5月の大型連休の頃合いともなると、牡丹や芍薬の花のほかには、薔薇の花が見頃を迎えつつある時期のイメージがふと湧きました。

薔薇の季節を思い浮かべると、昨年出かけた都電荒川線三ノ輪橋駅の景色を眺めたくなり、思いつくままに出かけました。

都電荒川線三ノ輪橋駅には、大型連休最終日とあってか、カメラを構えた人々が結構いらっしゃいました。薔薇と都電荒川線、そしてレトロな雰囲気漂う街並み、素敵な景色が広がっており、カメラを構えて思いのままに撮影するのが楽しかったです。

せっかくなので、反対側からも都電荒川線を撮影してみました。様々な種類、色合いの薔薇が咲く線路沿いは、都電荒川線の車内から眺めたら、また違った楽しみ方を見つけられそうな気がしました。