はじめに…

立ち寄った書店で、カバーデザインとタイトルに心惹かれ、「色は語る 色彩と心理の不思議な関係を読む」山脇惠子著を手にしました。

読書感想

「色は語る 色彩と心理の不思議な関係を読む」山脇惠子著は、色彩心理としてのみならず、色彩にまつわる歴史のこと、日本人にとっての色の見え方と欧米などでの色の見え方の違いなど、知っているようで知らなかったことを読み解くきっかけになりました。

色の持つイメージ、色にまつわる歴史に関しては、時代ごとに色に対する捉え方が異なる、なんてことを改めて学ぶことができました。特に、女性の美意識については、時代ごとの流行だとか、美白意識のことにも触れられていて、現代に通じるものを歴史の流れとともに学べました。

日常生活に溢れている色が、たくさんあることはわかっているようで、わかっておらず、色彩心理として、あるいは色彩学として色を見ること知ることは、歴史の流れや文化の流れを知ることにも繋がりました。

最後に…

「色は語る 色彩と心理の不思議な関係を読む」山脇惠子著は、思っていた以上に色のことを知ることができました。また、色にまつわる歴史、文化の流れ、人が持つ色のイメージのこと、色の見え方など、普段深く考えないようなことまで考えるきっかけにもなりました。