はじめに…

Kindleの検索であれこれと本の物色をしていたところ、タイトルに惹かれて、「漫画貧乏」佐藤秀峰著を読みました。

読書感想

「漫画貧乏」とは、漫画家・佐藤秀峰さんによる漫画の未来についての挑戦や現実についての実録の記録です。佐藤秀峰さんは、「海猿」、「ブラックジャックによろしく」などのヒット作でも知られる漫画家です。

売れっ子漫画家と見聞きすれば、順風満帆でキラキラした生活をしていそうなイメージばかりでしたが、漫画家としての現実を「漫画貧乏」を読んでみて、驚くことが多々ありました。

基本的には、契約書の存在しない口約束の世界です。(「漫画貧乏」本文より抜粋)

「漫画貧乏」を読むほどに、漫画家の方々の現実を突きつけられ、日々楽しく読んでいるものの裏側にあるものを考えさせられました。

佐藤秀峰さんが、紙の本の時代から電子書籍の時代への変化についても述べられているのみならず、ご自身のアイディアからサイトをオープンさせてしまうまでの挑戦が凄い、としか言いようがありませんでした。

「漫画貧乏」の内容は、数年前の話とはいえ、現在でも漫画家の方々と出版社の関係については、暴露本が出版されたり、インターネットで明るみにされる時代にもなったことで、より現実味を感じる内容ばかりでした。

最後に…

たまたま目に入ったタイトルから読み始めた「漫画貧乏」は、漫画家として暮らしていくことの現実が佐藤秀峰さんの経験から多くのことが綴られていました。

プロとして生きていくことの大変さも然りだけれど、挑戦していくことの熱量が読み手にも伝わってくるものがありました。