蒸し暑さ感じる日々に、本格的な夏を感じ始め、TwitterやInstagramのタイムラインでは、今年の蓮の花の開花を楽しむ写真を見かけるようになりました。

地域によって季節の花の開花具合が異なるものの、上野・不忍池もそろそろ蓮の花の開花の声が聞こえてきました。

雨が降ったり止んだりな不安定な天気の合間に、上野・不忍池へ出かけてみると、不忍池は蓮の葉が先日訪れた時以上に茂っていました。

そして、もりもりと茂った蓮の葉の隙間からは、ぷっくりとした蓮の蕾や咲き始めた花が見え隠れしていました。咲き始めた蓮の花の近くには、カメラやスマートフォンで撮影を楽しんでいる人々がチラホラといらっしゃいました。

せっかくなので不忍池をぐるりと散策していると、不忍池弁天堂の裏あたりで蓮の花がいくつも咲いていました。傍らには紫陽花が咲いていて、池の水面から伸びた蓮の花が咲いている、というのは季節の移ろいが感じられるような景色でした。

蓮の花を撮影していると、近くで熱心に撮影している方のカメラの向いている方向が蓮の花ではなかったことが気になり、近づいてみるとアカミミガメ2匹がいました。

あまりカメを撮影することはないので、たまにはということで撮影してみました。

上野・不忍池の蓮の花は、まだ咲き始めたばかりなので、一面の蓮の花、という景色はこれから楽しめそうです。