およそ2ヶ月ぶりに、向島百花園へ出かけてきました。ふんわりやさしい雰囲気の写真が撮りたくなったので、カメラにオールドレンズを装着してのおでかけです。

萩の花が咲き誇る時期に向島百花園に訪れるのは、私の記憶の中では、今回が初めてのことです。萩のトンネルのあたりは、訪れた人々で賑わっていて、秋の向島百花園の見どころであることがよくわかりました。

やっとのことで撮れた1枚は、ちょっと暗めだけれど、嫌いではない雰囲気の1枚となりました。わさわさと茂る萩のトンネルは、ひっきりなしに人が出入りしていて、とても賑やかでした。

向島百花園では、そこかしこに秋の花が咲いていて、蝶などが飛び交っていました。晴れたり、雲がかかったりと、雲の流れを感じる空模様を横目に、散策しました。

萩の花は、萩のトンネル以外にも咲いている箇所がいくつかありましたが、ススキもあちらこちらでわさわさと揺らいでいて、秋の訪れを感じさせてくれました。

ちょっと上を見上げれば、実りの季節と言わんばかりに、木の実が立派に成っている木を数種見かけました。

だいぶ涼しくなってきたものの、たっぷり歩くと汗ばむ時期という季節の変わり目らしい陽気の中で、オールドレンズをお供に散策を楽しめました。

季節を追いかけるように、その季節ごとの景色を楽しむ余裕を持って、今年の秋も楽しみたい、と思ったおでかけとなりました。