前夜に雨が降ったこともあり、雨の雫滴るダリアを求めて、上野東照宮で開催されている、ダリア綾なす秋の園へ出かけてきました。

上野東照宮・ぼたん苑の入口には、上野動物園のパンダの赤ちゃん誕生や成長を喜び祝うようにダリアの花々が生けてありました。

入口から入ってすぐのところから、傘とダリアなど和を感じさせる演出があり、一定の間隔で風鈴が置かれていることもあり、風が吹くと心地よい音色が聞こえてきました。

今回のおでかけでの相棒のレンズは、オールドレンズだったので、マニュアルフォーカスでのピント合わせだからこその甘めのピントが心地よい柔らかい写真の数々となりました。

夜のうちに降った雨の雫も、程良くダリアの花弁に残っていて、イメージに近いものを撮影することができました。

正面から眺めるダリアも素敵ですが、たまには背面から撮るのも良いな、と思えるダリアにも出会いました。

苑内では、ダリア以外の花々も植えられていて、傘の下で咲いているコスモスを見つけました。コスモスと聞くと、花畑を連想してしまいがちですが、こういった見せ方も素敵でした。

ダリア綾なす秋の園では、丸みのあるもの、ボリューム感のあるもの、様々なダリアを楽しむことができました。雨上がりだからこその雫滴るダリアを見ることができ、とても素敵な時間を過ごせました。