はじめに…

久しぶりにミステリーっぽい作品を読みたいな、と思い「配達あかずきん-成風堂書店事件メモ」大崎梢著を読みました。

読書感想

「配達あかずきん-成風堂書店事件メモ」は、タイトルからもわかる通り、成風堂書店という書店を舞台に、書店員さん達が主な登場人物という本格ミステリー作品でした。

元書店員であった著者だからこその書店員の仕事内容であったり、書店員同士のやりとりやどういった利用者がいるかだとか、作中のそこかしこにリアリティを感じられたような気がします。

「配達あかずきん-成風堂書店事件メモ」には、いくつかの話が収録されており、どれも飽きずに楽しく読むことができました。ストーリーの舞台となっている書店の雰囲気が、読み進めていくうちに脳内にこんな感じかなといった具合にイメージできて、登場人物たちが動き出していくような小気味良いテンポであり、距離感だったからかもしれません。

どのお話も、現実であり得そうなだなと思えるものばかりだったところも、ストーリーを読み進めていく上でとても魅力的でした。主人公である杏子さんの人物像も、強過ぎず、けれどもどこかの書店に実在したら素敵だな、と思いました。

作中に登場する人物たちは、身近な誰かを想像できそうなほどどこかにいそうな人々であるところに、どのお話の中でもミステリーな出来事に遭遇しつつも、人と人とのやりとりに一喜一憂するような心持ちになりました。

また、書店が舞台のミステリーだからこそのどこか爽快さすらある物語ばかりで、気軽に読めたのも良かったです。

最後に…

「配達あかずきん-成風堂書店事件メモ」を読んでみて、作中から書店員さんの日常を垣間見ることができたような気がしました。そして、どの作品からも本を通しての人と人との繋がりを感じられたように思います。