はじめに…

本を読むことが好きだけれど、いろんなジャンルを読む際、純粋に読書を楽しめていないこともあり、なにかヒントを得られたら良いな、と思ったことから、「あらゆる本が面白く読める方法ー万能の読書術」一条真也著を読んでみることにしました。

読書感想

「あらゆる本が面白く読める方法ー万能の読書術」を読み始めてみて、まず思ったことは著者である一条真也さんが、かなりの読書家であり、心から読書することや本そのものが大好きであることが言葉の端々から伝わってきました。

本は風邪薬ではありません。朝読んで、昼前には効いてくるなんてことはないのです。速効性をきにしてはいけません。もちろん、なかには書いてある内容が、そのまま役に立つ速効性のある本もあります。でも、古典をはじめとした多くの名著は、長い人生そのものの糧となる漢方薬のような存在です。

(「あらゆる本が面白く読める方法ー万能の読書術」本文より抜粋)

読めば儲かるだとか、おいしい話が詰まっていそうな本が巷に溢れていますが、そういった本を読んでみて、実際に効果があった人を一条さんと同様に私も見たこと、出会ったことがないので、これらの言葉から察するものがありました。

本文中で紹介されている一条さんの本の読み方に至っては、著者のプロフィールに目を通すこと、目次で内容のあらましを頭に入れておくことなど、参考になることが多々ありました。

本を読みながら赤線を引くことは、だいぶ前にやってみたことがありましたが、ここのところの私の読書では、良いな思った箇所を手帳に書き留めているので、一条さんの本の読み方に自分との共通項をしばし見つけることができたように思います。

本ほど、「こころ」に影響を与え、人間を幸福にしてきたメディアは存在しません。そして、わたしは読んで幸福になれる本こそ、本当の意味で「ためになる本」だと思います。

(「あらゆる本が面白く読める方法ー万能の読書術」本文より抜粋)

本の中にある物語や登場人物、誰かの半生、誰かの経験した物事、いろんな類の本があるけれど、その本ごとに著者の言葉が詰め込まれていて、読み手にとって心救われることもあれば、気づきとなることもあります。一条さんの言葉の通り、こころに影響を与えるメディアとしての本の存在を改めて気づかされました。

また、速読が必ずしも良いわけではないことも改めて考えさせられるきっかけにもなりました。ついつい速読になりがちなので、のんびり気ままに味わい尽くすように読書するように心がけたくもなりました。

最後に…

「あらゆる本が面白く読める方法ー万能の読書術」一条真也著を読んでみて、人と人との出会いと同じように、出会う本にも縁があるのだろうな、という気持ちにすらなる一条さんの言葉の数々に出会いました。読書好きな著者だからこその本との接し方などが、今後の読書のヒントになりそうです。