寒い、寒いと言いながらも、お正月気分から日常に戻ってくると、どこかへ写真を撮りに出かけたくなる気持ちも高まり、向島百花園へ出かけてきました。

向島百花園の入口近くには、藁囲いされた牡丹の花が咲いていました。青空の下、光を浴びて綺麗に咲いている姿に、足を止める人を何人も見かけました。

園内を散策していると、蝋梅の花が咲いているのを見つけました。まさに見頃というくらいには咲いていて、青空と蝋梅の花のイエローの組み合わせが、素敵な景色が広がっていました。

また、園内には春の七草が飾られていたり、向島百花園が隅田川七福神の1つでもあることからも、新年らしさを感じるものを見かけたりもしました。

向島百花園を散策していると、少しずつ梅の花が咲き始めていました。梅の花と野鳥の組み合わせを撮影する時期が、近づいていることを楽しみにしばらく過ごせそうです。

池の周りには、水仙の花、寒椿やサザンカなどが咲いていました。寒い、寒いと言いながらも、出かけてしまえば、あちこちで見かけた風景をカメラで撮りたくなるものです。

いざカメラで撮り始めると、ああでもないこうでもない、と試行錯誤して時間が経つのもあっという間でなんだかんだと散策を楽しんできました。