桜の季節が過ぎ、少し汗ばむくらいの季節がやってきたところで、オールドレンズを装着したカメラ片手に向島百花園を散歩してきました。

藤棚の花は、既に見ごろを過ぎてしまった様子でしたけれど、園内ではあちらこちらで他の花々が色とりどりに咲いていて、季節の花を存分に楽しめました。

ふと見上げれば、ぷっくりとした梅の実がなっているのをそこかしこで見つけました。こちらの写真では、青空が葉の隙間から覗いているのも、とてもさわやかな光景と出会えました。

久しぶりにカメラを構えると、あれやこれやと撮影したくなるもので、随分と粘って撮影していました。相変わらず写ルンですも持ち歩いて撮影しているものの、デジタルにはデジタルの良さ、楽しみがあることを見つける景色との出会いがありました。

撮りたい景色に出会える、あるいは出会うための好奇心があること、撮りたいと思える気持ち、カメラや写真が好きだと思えることがあってこそ続けられるのであって、いろんなことを受け入れる柔軟さも必要なのかな、なんていろんなことを考える散歩にもなりました。

なによりもいろんな視点から物事を捉えられてこそ、グッとくる1枚が撮れるのかもしれない、とも思いまいした。

いずれにせよ、楽しいことをより楽しめるような気持ちでいられることが大切だな、ということに気づかせてくれる時間を過ごせました。