タイトルがパッと目に留まり、「家政婦さんが推理してみた~被害者がノーパンだった件~」東川篤哉著を読みました。

タイトルからは、ほんのりエロティックなものを連想しそうなものだけれど、本文を読み始めてみると、そこは東川篤哉さんらしいユーモアで打ち消されるのでした。

ミステリーと言いつつも、おどろおどろしいものではなく、どこか日常の身近なところにある部分を感じられる親しみやすさのあるストーリーだったので、読みやすかったです。

登場人物も、ちょっと間抜けだけれど憎めない人物がいたり、頼もしい人物がいたりと、こういう人どこかにいそうだな、なんて思ってしまうような人物が登場していました。

登場人物たちのやりとりも、1つ1つが見逃せず、最初から最後まで楽しめました。本文を読んでいると、クスッと笑えるようなミステリーといったところなのも魅力的な作品でした。