「ホーボーズ・カフェ」ヰ戸英壱著を読んだ。

とあるカフェを舞台にしたストーリーだ。カフェのマスターを中心に、カフェを訪れる客たちとのやりとりであったり、マスターの日常が描かれていた。

コーヒーにまつわる話もあれば、人と人との描写もあり、どこかで見かけたりしそうな日常をのぞき見するような気持ちになった。

マスターがカフェで働くことになったいきさつであったり、なにかの際にはふと足を向ける場所があることなど、読んでいくうちに、読み手がマスターの言葉、振る舞いなどに共感することがあるのではないかな、と思った。

わがままを言うようだけれど、つかず離れずな距離感で、ちょっとした会話ができるような方がいるお店と出会いたいと思えるストーリーだった。