「伝説の女傑浅草ロック座の母」齋藤智恵子著を読んだ。

浅草ロック座のことは、ストリップ劇場であること以外、これまでなにも知らなかった。

この本の中では、斎藤智恵子さんの生い立ち、ストリッパーになるまで、そして経営者となってからのこと、家族のこと、交友関係など様々なことが語られていた。

ストリップについても、ただ女性の裸体を見せるだけではなく、美しいもの、芸術のようなもののような見せ方、踊り方をするというようなことは、なにかで少し見聞きしていたけれど、読み進めていくにつれ、より多くを知ることができた。

辛かっただろうな、大変だっただろうな、と想像することばかりになってしまうが、斎藤智恵子さんの乗り越えてきたものの重みは、やたらめったらと経験できることばかりではないと思う。

どの場面であっても、斎藤智恵子さんの言葉からは、人が好きだから信じられるし、人のために自分のために頑張れたのだろうというようなことが、伝わってきた気がする。

 

綺麗ごとばかりでは済まされないことを、たくさん乗り越えたからこそ今がある、そういうことを考えさせられたし、浅草ロック座でストリップを観てみたくなった。