ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2018へ行ってきた。

アートアクアリウムへ行く際、入場時の混雑等を避けるべく、事前に日時指定入場券を購入しておいた。

日時指定入場券を購入しておけば、万一入場規制等があっても、優先入場の対象となるので、少し上乗せした金額ではあるものの、絶対に見たい人にはオススメだ。

満を持してのアートアクアリウムは、一昨年訪れた際の展示よりも、さらにグレードアップしていた。

入口からすぐのところでは、天井に水槽があって、見上げながら入場していくようなスタイルだ。ついつい見惚れてしまい、立ち止まりがちになるので、周囲の方々との譲り合いだとかが必要だと思う。

メイン会場では、屏風に見立てた水槽に金魚が泳いでいるだけでなく、プロジェクションマッピングの如く、絵柄が次々と変わるので見応えがあった。

 

大きな水槽での展示も、圧巻だった。水槽のライトアップが、次々と変わることからも見飽きることがなかったことと、大量の金魚たちが泳ぐ姿が美しかった。

 

アートアクアリウム2018では、江戸切子と思われる金魚鉢や九谷焼の鉢で泳ぐ金魚の姿が印象的だった。

会場内は、老若男女問わず、とても賑わっていた。展示物によっては、あまり近くで見られないものもある。

うす暗い会場内だからこその演出を楽しみつつ、アートアクアリウム2018を満喫してきた。