今年もダリアの咲く季節が訪れ、上野東照宮ぼたん苑へ出かけてきた。

ふんわりとしたイメージでダリアを撮りたいと思い、オールドレンズをお供に散策した。毎年訪れる度に、庭師さんたちが熱心に花たちを手入れされているのを見かけるのも、ここへ来る楽しみになっている。

丸みのある花、ボリューム感のある花、どれもこれも見応えがある。彩りも豊かで眺めていて、ちっとも飽きない。

正面、真横、背面、どこから眺めても楽しい。

地植えのもの以外に、花瓶などに活けられているものがあったりするなど、展示方法にも工夫がされている。

ふと目を向けた場所に、こっそりパンダモチーフのものが飾られているのも上野ならではの遊び心が感じられる。

あれもこれもと撮影が楽しくなるほど種類の多さに驚くダリアの花の見頃を楽しむのもよし、眺めて記憶に残すのも素敵だと思う。

綺麗なもの、季節のものをどう楽しむかは、それぞれ違うのだから、限られた場所の譲り合いをしつつ、季節を楽しむ場所として、これからも時折訪れたい。