スポンサーリンク
読書

【読書感想】塗仏の宴 宴の始末

 京極夏彦氏による百鬼夜行シリーズ第7弾である、「塗仏の宴 宴の始末」を読んだ。本作品は、「塗仏の宴 宴の支度」との2部作構成になっている。  本作品は、「塗仏の宴 宴の支度」から引き続き、関口巽の災難がところどころで描写されつつ、...
読書

【読書感想】塗仏の宴 宴の支度

 京極夏彦氏による百鬼夜行シリーズ第6弾「塗仏の宴 宴の支度」を読んだ。この「塗仏の宴」は、「宴の支度」そして「宴の始末」の2部作となっている。 塗仏の宴 宴の支度(1)【電子百鬼夜行】【電子書籍】価格:660円 (2021/9/7...
読書

【読書感想】絡新婦の理

 京極夏彦氏による百鬼夜行シリーズ第5弾「絡新婦の理」を読んだ。  初っ端から余談ではあるが、私は本作品を読むまで「絡新婦」と書いて、「じょろうぐも」と読むことを知らなかった。このシリーズを読むことで、知らなかったことを知ったような...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】鉄鼠の檻

 京極夏彦氏による百鬼夜行シリーズ第4作目「鉄鼠の檻」を読んだ。 このシリーズの主人公である関口巽は、京極堂夫妻から誘われて妻と共に箱根を訪れた。関口は京極堂が仕事に行っている間は、宿でのんびりと過ごすつもりが、気づけば仙石楼と明慧...
読書

【読書感想】自省録

 少しばかり前に、「ミステリと言う勿れ」という漫画に出会った。この作品を読んだことで、作中で主人公とある登場人物が「自省録」を用いてやりとりする描写があり、「自省録」がどんな内容なのか気になったことから、私も「自省録」を読んでみたくなった...
読書

【読書感想】狂骨の夢

 京極夏彦氏による百鬼夜行シリーズ第3作目、「狂骨の夢」を読んだ。 本作品は、前作「魍魎の匣」に登場した、ある人物の葬式に参列した関口巽に舞い込んだ、大物小説家からの相談から始まる。 狂骨の夢(1)【電子百鬼夜行】【電子書籍】...
読書

【読書感想】鳥類学は、あなたのお役に立てますか?

 これまでに、いくつかの著書、インタビュー記事などを拝見してきた鳥類学者の川上和人先生の新刊が発売されていることを知り、「鳥類学は、あなたのお役に立てますか?」を読んだ。 鳥類学は、あなたのお役に立てますか?【電子書籍】価格:159...
読書

【読書感想】魍魎の匣

 前作「姑獲鳥の夏」を読んでみて、京極夏彦作品への興味が増したことから、続け様に「魍魎の匣」を読み始めた。  「姑獲鳥の夏」については、こちらから↓  さて、本作品「魍魎の匣」は、百鬼夜行シリーズ第2弾だ。あらすじ...
読書

【読書感想】姑獲鳥の夏

 タイトルや著者のことは知っていても、作品に触れたことがない、というものが多々ある。それは、小説、漫画、映画など、様々なジャンルにおいて、誰しもが抱えているものだろう。  私にとっては、京極夏彦作品がそれにあたる。どこの書店に行って...
読書

【読書感想】予言の島

 "初読はミステリ、2度目はホラー"という、作品紹介が気になり、「予言の島」澤村伊智著を読んだ。ちなみに、これは現時点では初読後に感想を綴っていることを、ここに記す。 予言の島【電子書籍】価格:748円 (2021/6/18時点) ...
スポンサーリンク