スポンサーリンク
読書

【読書感想】ししりばの家

 澤村伊智氏による比嘉姉妹シリーズ第3作目「ししりばの家」を読んだ。本作品は、「ぼぎわんが、来る」、「ずうのめ人形」に続く、3作目であるがそれぞれの作品を単体でも楽しめる。  比嘉姉妹シリーズ第1作目「ぼぎわんが、来る」については、...
読書

【読書感想】ずうのめ人形

 澤村伊智氏の2作目「ずうのめ人形」を読んだ。本作品は、前作「ぼぎわんが、来る」と同様に比嘉姉妹が登場するので、比嘉姉妹シリーズとも呼ばれている。前作「ぼぎわんが、来る」については、こちら↓  さて、「ずうのめ人形」は、...
読書

【読書感想】クジラアタマの王様

 作品の中で、謎のキャラクターとしてハシビロコウが登場することを知り、どんなストーリーなのか気になり、「クジラアタマの王様」伊坂幸太郎著を読んだ。  これまでも伊坂幸太郎さんの作品を読んだことがあったけれど、数年ぶりに伊坂作品に触れ...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】せいいっぱいの悪口

 Twitterで著者のアカウントを見かけたことがきっかけで、ずっと気になっていた「せいいっぱいの悪口」堀静香著を読んだ。  本書は、歌人や書き手などで活躍される堀静香さんのエッセイで、ご本人のウェブショップや取扱店でのみ購入できる...
読書

【読書感想】ぜんぶ、すてれば

 シンプルなタイトルが気になり、「ぜんぶ、すてれば」中野善壽著を読んだ。  これまでに在籍した企業では、異例の実績を残し、リタイアしていてもおかしくはない年齢の現在でも働き続けている著者の言葉は、至ってシンプルだ。  著者のよ...
フード&ドリンク

フィナンシェを好きになったら、手軽なものからご褒美にしたいものまで出会った

ずっと焼き菓子が苦手だった  私は、幼い頃から焼き菓子が苦手だった。ボソボソとしたように思えるスポンジ生地などが、どうにも好きになれなかった。余談だが、いまだにケーキよりタルト派だ。  とはいえ、この数年で、いつの間にか焼き菓...
読書

【読書感想】アル中ワンダーランド

 なんとなくわかっているつもりのようで、よくわかっていないことというものが多々ある。そのうちの1つだった、“アル中”について知っておきたくなった矢先、文庫化されたことを見聞きして、「アル中ワンダーランド」まんきつ著を読んだ。  本作...
読書

【読書感想】いまだ、おしまいの地

 前作「ここは、おしまいの地」の続編となる、「いまだ、おしまいの地」こだま著を読んだ。  ※「ここは、おしまいの地」(単行本)についての感想は、こちら↓  ※「ここは、おしまいの地」(文庫版)の感想は、こちら↓ ...
読書

【読書感想】ごろごろ、神戸。

 「ごろごろ、神戸。」平民金子著を読んだ。  私が、平民金子さんを知ったのは、Twitterを眺めている時に、たまたま目に入った誰かのリツイートがきっかけだった。平民金子さんのプロフィールを見たら、ブログを閉じている代わりにメルカリ...
フード&ドリンク

コンビニやスーパーで見つけたレモン味のフード&ドリンクのこと

コンビニやスーパーでレモン味のものが気になる  コンビニやスーパーなどに行くと、レモン味の食べ物や飲み物を見かけることが増えた。2020年8月末時点では、レモン味のもの、特にレモネードなどがトレンドになるかも、との情報も見かけた。と...
スポンサーリンク