スポンサーリンク
読書

【読書感想】犬のかたちをしているもの

 少し前に「おいしいごはんが食べられますように」を読んだことがきっかけで、高瀬隼子さんの他の作品が気になっていた。先日、たまたま立ち寄った書店の店頭で、文庫化された「犬のかたちをしているもの」を見つけ、読んでみたくなった。 犬のかた...
読書

【読書感想】邪宗館の惨劇

 ホラー作家・那々木悠志郎が登場するシリーズ4作品目、「邪宗館の惨劇」阿泉来堂著を読んだ。 邪宗館の惨劇 (角川ホラー文庫) 価格:880円(税込、送料無料) (2022/9/24時点)  「邪宗館の惨劇」は、1年前の火災事故...
読書

【読書感想】おいしいごはんが食べられますように

 第167回芥川賞受賞作「おいしいごはんが食べられますように」高瀬隼子著は、芥川賞受賞の発表前後で、書店あるいはTwitterの誰かのツイートで見かける頻度が多く、気になっていたことから読んでみたくなった。 おいしいごはんが食べられ...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】北欧こじらせ日記 移住決定編

 週末北欧部chikaさんの新刊、「北欧こじらせ日記 移住決定編」を読んだ。本書は、前作「北欧こじらせ日記」の続編であり、タイトルからも察する通り、chikaさんがフィンランドへ移住するまでのことが描かれている。 北欧こじらせ日記 ...
読書

【読書感想】ずっと、おしまいの地

 「おしまいの地」シリーズ3作目であり、完結編となる「ずっと、おしまいの地」こだま著を読んだ。 ずっと、おしまいの地 価格:1650円(税込、送料無料) (2022/8/28時点)  「ずっと、おしまいの地」は、こだまさんが小...
読書

【読書感想】とらすの子

 不穏なカバーイラスト、タイトルから今回はどんなストーリーだろう、と発売日を楽しみにしていた、「とらすの子」芦花公園著を読んだ。 とらすの子 価格:1760円(税込、送料無料) (2022/8/10時点)  「とらすの子」を読...
読書

【読書感想】写楽・考 -蓮丈那智フィールドファイルⅢ-

 蓮丈那智シリーズ3作目「写楽・考 -蓮丈那智フィールドファイルⅢ-」を読んだ。本書には、表題作である「写楽・考」を含む4作品が収録されている。 写楽・考ー蓮丈那智フィールドファイルIIIー(新潮文庫)【電子書籍】価格:528円 (...
読書

【読書感想】触身仏 -蓮丈那智フィールドファイルⅡ-

 蓮丈那智シリーズの2作目「触身仏 -蓮丈那智フィールドファイルⅡ-」を読んだ。本書には、表題作の「触身仏」を含む5作品が収録されている。 触身仏─蓮丈那智フィールドファイルII─(新潮文庫)【電子書籍】価格:528円 (2022/...
読書

【読書感想】凶笑面 -蓮丈那智フィールドファイルⅠ-

 先日、民俗学ミステリーが好きならば読んでみると良い、というような紹介文を見かけ、「凶笑面 -蓮丈那智フィールドファイルⅠ-」を読んだ。  本作品は、蓮丈那智という民俗学者とその助手である内藤三國の2人が、現地調査に出向いた先々で事...
読書

【読書感想】あさとほ

 先日、「虚魚」新名智著を読み、その不思議でどこか不気味な物語の余韻に浸っていたところ、次の作品が発売されたことを知り、「あさとほ」を読んだ。 あさとほ 価格:1760円(税込、送料無料) (2022/7/8時点)  「あさと...
スポンサーリンク