【読書感想】3姉妹と適当夫を観察しています。

読書

「3姉妹と適当夫を観察しています。」ハルコ著を読んだ。

本書はイラストエッセイで、とても読みやすく、子育てや旦那さんとの日常のほんわかしたエピソードを始め、憤ったことを笑いに変えて描くユーモアセンスが面白い。

私には子供がいないので、自分の子供のころに当てはめると母にされたことがあったな、と思い出す日常があった。

本書の中では、著者のお子さんたちとの日常が中心で描かれているが、子育ての大変さと子供がいるからこその楽しいこともある、ということが伝わってきた。

家族っていいな、と思える日常が本書には、いくつも描かれていた。個人的には、本書内にて、お姉さんたちの言葉をグングン吸収していく3女が今後どう成長していくのかが、とても楽しみになった。

また、街で出会った腹立たしいおばさんが、実は同じマンションの住人だった、というエピソードには驚き、そして笑った。

とんでもない人に出会った時、いつまでも憤りがおさまらないことがある。ハルコさんのような再会はしたことがないけれど、今後の参考にしてみたい。

本書は、著者の日常が描かれており、子育て中でなくても、クスッ笑える話がいくつもある。

子供って大人のことをよく見ているな、と思う話もあって、自分自信の子どもの頃と照らし合わせてみたりしても良いし、いろいろ楽しい1冊だ。

本書を存分に楽しんだ後、本書のきっかけとなったブログを拝見したら、ますます楽しそうな日常が展開されていた。