スポンサーリンク

秋葉原CHABARAは、日本各地の名品・逸品に出会えるおでかけスポット

フード・スイーツ

JR秋葉原駅前にて、以前から気になっていたCHABARAへ行った来た。

CHABARAの入口には、食べ物などの看板などが出ているのは、いつも目に留まっていたが、ちょっと近づくと入口付近にも日本各地の名産品などが陳列されていて、立ち寄ってみたくなる雰囲気が醸し出されている。

高架下にあるからか、駅を思わせる演出もされていて、ついつい写真におさめておきたくなる。

CHABARAの中に入ってみると、日本各地の名産品、名品、逸品と呼ばれるものなどが、地域ごとに棚が分けられて陳列されていた。

旅行に行ったことがある地域の棚では、食べたことのあるものもチラホラ見かけ、懐かしくなった。

訪れたことのない場所では、ふだん見かけない品々を見つつ、行ってみたい場所に思いを馳せるなどした。

CHABARA内では、いくつもの店が連なっているようだが、今回は日本百貨店しょくひんかんにていくつか買い物をしてきたので、紹介したい。

まず最初に購入を決めたのは、有田みかんの七味とんがらしだ。

柑橘系のものを見かけると試さずにはいられないことがあり、今回は、パッケージが目に留まったことに縁を感じて、即決した。

次に手に取ったのは、掛川茶のティーバッグタイプだ。

自宅でお茶を飲むことが多く、いろんな種類をストックしておきたくて、掛川茶を選んだ。

また、店内をぐるりと回っていて、シンプルなパッケージながら、SENBEI BROTHERSのロゴに惹かれて胡椒せんべいを手に取った。

帰宅後、調べてみたところ、SENBEI BROTHERSは、東京都江戸川区にて兄弟で煎餅を作られている方々、ということがわかった。

オンラインショップでは、気になる味の煎餅を見つけたので、再びご縁があった際には試してみたい。

さらに、店内を見回っていると、誰かに教えてもらったことがきっかけで食べてからというもの、時折無性に食べたくなるミレービスケットを見つけた。

今回は、食べたことがないコーンポタージュ味を選んだ。

早速食べてみたところ、ミレービスケットのあまじょっぱい味に、ふんわりとコーンポタージュの味がして、とても気に入った。

めぼしいものは手にしたぞ、とレジに向かうと、レジ前にて生わらび餅を見つけて、そのままカゴへ入れていた。

店内の商品のラインナップといい、レジ前までぬかりなくてずっと楽しめた。

週末ごとの入荷のみになっている商品や、イベントなどもあるようだ。

今回は、お菓子ばかりが目に付いて購入しているが、ごはんに合いそうなもの、お酒のつまみになりそうなものも、多々見かけた。

各地のお酒やジュースなども販売されていたので、あれこれと選ぶのは、自分の為にも楽しいし、ちょっとしたプレゼント選びにもうってつけに思う。

アンテナショップに行くことも楽しいけれど、各地のものをちょっとずつ楽しめる場所、というのもいろんな出会いがあって、良いものだ。