「愛もお金も引き寄せたいなら財布の神さまと仲良くしなさい」浅野美佐子著を読んだ。

お金の使い方、お金の貯め方について、思うところがあり、なにか参考になることを見つけられたら良いな、と思い、本書を読み始めた。

お金はあなたの価値です。そして、あなたが稼いできた愛のかたまりなんです。

だからこそ、心の底から認め、全身で受け入れることが大切なのです。

(「愛もお金も引き寄せたいなら財布の神さまと仲良くしなさい」本文より抜粋)

今まではお金の出入りを気にすることばかりだったが、ちょうど最近、お金=自分の価値であることを考えることが増えた。

自分の手にする毎月の給料について、正直なところ、満足はしていない。

解決するかどうかは自分次第であるが、まずは自分自身を認めることから始めないと、とんでもない劣等感の塊になってしまいそうだな、と思った。

自分に投資する際のポイントは、「最高だった!」「値段以上のものを得ることができた」というように、投資したお金に対して、プラスのエネルギーを乗せることです。

(「愛もお金も引き寄せたいなら財布の神さまと仲良くしなさい」本文より抜粋)

本書を読んでみると、お金の使い方だけではなく、気持ちのあり方を考えさせられた。

いかにポジティブに発想をし、言葉に変えていくかが問われるような気持ちになる。

自分に投資したつもりが、ただの浪費になることほど、つまらないことはない。

本当に欲しいものを手にするようにしたいし、後悔するようなことになっても勉強になった、と前向きに捉えられるようにしたい。

同じお金なら、プラスのエネルギーを乗せて使うことです。

それが幸せな現実を引き寄せ、「生きたお金」につながります。

(「愛もお金も引き寄せたいなら財布の神さまと仲良くしなさい」本文より抜粋)

生きたお金、というのは、今までに幾度か見聞きしたことがある。

しかし、生きたお金が何たるかを、正直なところ、よくわかっていなかった。

本書を読んでみたことで、お金を自分にとって良い循環になる使い方を知るヒントを得られた。

これからは、自分が本当の意味で生きたお金を使えるように、心がけていきたい。