「しあわせ紅茶時間」斎藤由美著を読んだ。

本書は、 元ブルックボンドハウス副支配人 であった斎藤由美さんによって、紅茶を知り、楽しむアイディアが多く紹介されている。

紅茶の歴史、茶葉のことなどから始まり、ティータイムなどが演出されている映画などの話も紹介されている。

紅茶の歴史などを記述した本は数あれど、ティータイムなどが描かれている映画作品などにスポットライトを当てて紅茶の楽しみ方を広げる、というのはそうそうないように思う。

ティーフーズ、ティータイムなどとカテゴライズすると格式高いもののように受け取れ、なかなか手の届かないもののようにも思える節があったが、本書を読むことで、できることから日常に取り入れてみたくなった。

紅茶に関する本を読むごとに、自宅で紅茶を淹れる時にも、少しずつ工夫をするようになってきた。

本書を読んでみて、茶葉もティーバッグも、紅茶のある生活を豊かにしてくれる、ということに気づかせてくれる1冊だった。