神保町アボカフェの日替わりランチは、数量限定なところがにくい。

行けば必ずありつけるわけではない、ということが店に足を運んでみて、まだメニューに残っていることを楽しみにする、というワクワクが生まれる。

そう頻繁に通ってはいないものの、アボカドを食べたい、と思った時、アボカフェへ行ってみたら、運よく日替わりランチにありつくことができた、ということが続いている。

日替わりランチを初めて注文した日は、キッシュプレートだった。

アボカドが入ったキッシュ、というのは、アボカドがトロリとして食欲を搔き立てられる味で好きになった。

チキンにチーズがかかった料理、サラダ、スープ、飲み物がセットになっているのも、嬉しい。

ヘルシーな見た目でありつつ、食べ終える頃には、お腹いっぱい、というのがありがたい。

2度目の日替わりランチは、ビビンパである。

スライスされたアボカドが、たっぷり盛られているビビンパの贅沢なこといったら、画像の通りである。

トロトロの卵を崩しながら、アボカド、キムチ、ナムルなどと混ぜて、ごはんを食べる美味しさは、格別だ。

ビビンパのほかに、スープ、飲み物がセットとなっているのも、ランチタイムには嬉しい。

余談ではあるが、ビルのエレベーター近くで、かわいいポスターを見つけた。

アボカフェが、日本初のアボカド料理専門カフェということを、今回知ることができて良かった。