「桜の首飾り」千早茜著を読んだ。

本書は、誰かにとっての桜、というようなテーマの7つの物語が収録された短編集だ。

桜を好む人、桜を嫌っているように装う人、桜の季節の思い出に耽る人など、桜というテーマだけで、人それぞれ桜について思うことが異なることが、各作品で描かれている。

本書を読み進めていくごとに、桜に限らず、生きていく上で綺麗なものだけではないこと、どうしようもないことを各作品の主人公の心中、発する言葉などに同意する気持ちになることもあった。

誰かとの会話で自分が欲していた言葉などが、どんなことなのかに気づくこともある。そういう時に限って、自分が欲していた言葉を口にするのは別の人だったりする。

誰かと本当の意味で、わかりあうことなんてない。

わかりあっている、という幻想を見ているだけでも、それを口にしない幸せもあるだろう。

タイトルになっている桜の首飾りについて記述されている箇所は、桜の花びらの美しさの一過性をズバリ表現されていた。

桜の季節に、本書を読めて良かった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

桜の首飾り【電子書籍】[ 千早茜 ]
価格:512円 (2019/3/31時点)