スポンサーリンク

【読書感想】君がいない夜のごはん

読書
この記事は約1分で読めます。

「君がいない夜のごはん」穂村弘著を読んだ。

食べ物のことが綴られているエッセイではあるが、読んでいて空腹を覚える、ということがない。

むしろ、食べ物について、こういう視点で捉えている人がいるんだな、という気づきのあるエッセイなのかもしれない。

食べ物についての記憶で、美味しそう、というよりも、笑いがこみ上げてくるような実話ばかりが次から次へと登場する。

ちょっとばかり肩の力を抜きたいような時に、本書を読むとちょうど良いのかもしれない。