スポンサーリンク

ねいろ屋神保町店では甘味だけではない、かき氷を味わえる

フード・スイーツ

近頃、一人で来店することにためらわなくなり始め、一人だからこそ存分に楽しめるものがあることがある、と思い始めた。

ねいろ屋神保町店は、一人で訪れたい店になりつつあるのは、どのラーメンとかき氷を組み合わせようか、と考える楽しみがあるからだ。

レモンの酸味がクセになる瀬戸内レモンラーメンは、迷ったらコレ、と決めているゆるぎない私の定番になっている。

チキンチャーシューとスライスレモンを一緒に食べるのは、このラーメンを食べる楽しみの一つだ。

アツアツのラーメンを食べ終えて、少し汗ばむくらいの状態でかき氷を待つ。

今回は、瀬戸内レモンカカオを注文した。

カカオと瀬戸内レモンのシロップの組み合わせが、かき氷の上で広がるのは、どんなものかと想像が膨らむ。

食べ始めてみると、カカオの苦味、レモンの苦味と酸味が、かき氷の冷たさと合わさって、さっぱりとして良い。

異なる苦味が合わさると、思ってもみないクセになる味が口内に広がる。

瀬戸内レモンカカオは、レモンピールをチョコレートでコーティングしたシトロネットとは、雰囲気が違う味わいだ。

カカオのほろ苦さ、レモンの柑橘ならではの苦味を同時に味わったりするうちに、甘さだけではないかき氷の魅力がわかったような気がした。

ねいろ屋神保町店に行く度、どのかき氷を食べようかとワクワクする出会いがある。