スポンサーリンク

【読書感想】白いしるし

読書

「白いしるし」西加奈子著を読んだ。

アルバイトをしながら絵を描いている夏目が、友人に誘われて訪れた個展で出会った画家と1つの作品に心奪われる。

夏目は、傷つくような恋愛を遠ざけて、この数年を過ごしてきた。

しかし、前述のように、夏目は間島と彼の絵に出会ってしまったことで、いけないと思いつつも、本能にあらがえず、間島にのめりこむ。

夏目は、間島に気持ちを打ち明け、数日間一緒に過ごしてみて、それまで笑えていたのに、一緒に過ごしてから自分が笑えていないことに気づく。

また、間島が夏目の手料理を食べて口にした言葉に対して、夏目は、これまでのことを含めて間島の言動や行動に違和感を覚える。

友人のままでいることの心地良さでは我慢できず、自分の気持ちを相手に伝え、相手との距離が縮まったことで、見えてくるもの、感じるもの、気づくものがある。

恋愛というものは、いつだって、相手のことを冷静に見始めた時、そのまま関係が続くか、終わりを迎えるかと心がざわつく。

本作品は、恋した相手のみならず、友人ですら、近しいところにいるはずの相手の詳細を知らないまま、関係を続けてしまう心地良い関係があるものの、ふとした時に、相手の知らない部分に遭遇し、ギョッとすることがあることを教えてくれる。

短い期間での恋愛であろうとも、その人にとって濃密な関係だったりすると、忘れがたい存在になり、それを昇華していくのは、大人になればなるほど、大変なのかもしれない、と思った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白いしるし (新潮文庫) [ 西加奈子 ]
価格:496円(税込、送料無料) (2019/5/26時点)