「愛する「日本茶」の本」今井久雄著を読んだ。

私は、お茶をよく飲む。日本茶に限らず、お茶と呼ばれるものを毎日飲んでいる。

私にとってお茶は、生活する上で欠かせないものだ。

私に限らず、世の中にはお茶を好む人が多くいるし、お茶に関する知識が豊富な人もいる。

お茶をよく飲むわりに、お茶のことを詳しくは知らないままでいるより、まずは日本茶に関する少し知識を増やしてみたいな、と思い本書を読もうと思った。

本書を読み始めてみて、日本茶の種類についてなんとなく知っているつもりでいたが、その由来だとかをよくわかっていないことに気づいた。

また、日本全国各所に、その土地ごとのお茶があり、まだ飲んだことのないお茶が多数あることを知った。

本書ではお茶に関連する茶器の紹介、茶の種類のことなどだけではなく、最新のお茶専門カフェの紹介もあり、行ってみたい店を見つけた。

ほかにも、日本茶とワインの共通点など、これまで知らなかった日本茶の楽しみ方を知り、日本茶をより気楽に楽しく味わう方法を知ることができた。

本書を読むことで、今まではお茶専門店などと聞くと敷居が高そうだ、と敬遠しがちだったが、これからは少しずつ足を踏み入れてみたい、と思った。