スポンサーリンク

【読書感想】まにまに

読書

「まにまに」西加奈子著を読んだ。

本書は、西加奈子さんの日常のこと、旅行のこと、音楽や本のことなどが、記述されているエッセイだ。

西加奈子さんの好きなこと、疑問に思うこと、友人たちのこと、お子さんを産んでからのことなど、本当に様々なテーマで綴られている。

体毛カーストの話、「コーヒーとカレーの店」のことなど、読みながら頷きたくなる話、クスッと笑える話などに出会えた。

西加奈子さんの視点で見たもの、疑問に思ったこと等が、自分が考えていたことと類似していた時の仲間意識のようなものが芽生えてくるような話がいくつもあった。

加齢に伴うファッションの変化、見た目のことなども、西加奈子さんが本書で述べていたように、かつての自分が思い描いていたイメージと、その年代に突入した今の自分とは、かけ離れているような気がする。

本書を読んでみたことで、西加奈子さんの日常、これまでに出会った音楽や本についての話などから、今まで自分が抱いていた疑問などがスルッと解決するようなテーマにも出会えた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まにまに (角川文庫) [ 西 加奈子 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2019/6/9時点)