スポンサーリンク

【読書感想】虐讐

読書

「虐讐」龍一京著を読んだ。

本作品は、主人公の元警察官の女性が、警察官の夫と4歳の息子が何者かに殺されてしまったことから、物語が始まる。

警察の捜査に疑念を持った主人公は、信頼がおける協力者を警察内部にもったことで、独自の捜査をしつつ、夫と息子の命を奪った者たちへの復讐を遂げていく。

夫と息子の無念を晴らすための決意の表れとして、主人公が身体に刺青を彫ったところには、ただならぬものを感じた。

警察内部の者たちとの駆け引きなど含め、誰を信じるべきか、自分がどうすべきか、という主人公の心理戦なども読みごたえがあった。

復讐に燃えるおどろおどろしいストーリーではないところが、この作品の魅力だと思う。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

虐讐【電子書籍】[ 龍一京 ]
価格:486円 (2019/6/11時点)