スポンサーリンク

【読書感想】ねこくま、めしくま

読書

「ねこくま、めしくま」ナガノ著を読んだ。

本書では、くまと2匹の猫の暮らしが、かわいいイラストで描かれている。

クスッと笑えて、癒される猫の仕草や行動など、一緒に暮らすからこその日常が、手書きのイラストと文字で描かれているからこその温かみがある。

大好きなごはん、好きな屋台メニュー、時々食べたくなるもの、夜中に食べるものの美味しさ、バイキングでのちょっと名残惜しくなることなど、共感できることがいくつもあった。

暮らしの話では、スケジュール帳に書き込んである予定には、どんな些細なことであれ、達成したら賞シールを貼っている、という話があり、私も真似してみたくなった。

本書は、読んでいて癒されるだけではなく、日々の暮らしの中にある、ほんの小さなことでも楽しむヒントを教えてくれた。

自分が好きなものを好きと言えて、自分のモチベーションを上げる方法を知っていることが、とても素敵なことだと気づかせてくれた。

くまの姿を見ていて、 大人だからこそ、まずは自分を大切にすることを忘れてはいけない、と思った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ねこくま、めしくま (角川文庫) [ ナガノ ]
価格:561円(税込、送料無料) (2019/6/26時点)