【読書感想】アルテーミスの采配

読書

「アルテーミスの采配」真梨幸子著を読んだ。

本作品は、出版社で働く派遣社員の主人公が、AV女優連続不審死事件の重要参考人とされるフリーライターの手記を手にしたことで、興味を持ち、独自に調査を始めることから、ストーリーが進んでいく。

人が抱く悪意のイヤな感じが、そこかしこで見え隠れしているところも、読みどころなのだろう。

読み進めるごとに、どことなく抱いていた違和感の正体がわかったり、最後の最後まで楽しめた。

誰かの巧みな嘘、おびき寄せる為の罠など、幾重にも伏線が用意されている作品というのは、どんなに残酷な内容であったとしても、どこか楽しんでいる自分がいることにも気づく。

少しずつ読み進めたい作品、一気読みしたくなる作品と分けるのであれば、間違いなく本作品は、後者だ。