「鳥類学者無謀にも恐竜を語る」川上和人著を読んだ。

本書は、タイトルからも想像する通り、鳥類学者である川上和人さんによる、鳥類学から考えた、恐竜学の話が記述されている。

鳥類と恐竜を比較したり、それぞれの知識などをユーモアを交えて、わかりやすく語られている。

本書を読んでいると、恐竜への興味が増すようで、毎夏開催されている恐竜博などのイベントに行ってみたくなる。

恐竜に関する研究のことのみならず、鳥類学のこと等を含め、難しく考えすぎることなく、気軽に読めて、知らなかった世界を知るのは、やはり楽しい。