「帰り遅いけどこんなスープならつくれそう 1、2人分からすぐ作れる毎日レシピ」有賀薫著を読んだ。

「一汁一飯」をスープで始める、というアイディアレシピは、どれも簡単に作れそうで、食欲をそそられるレシピばかりだ。

料理はこうあるべき、という楽をしてはいけない、というような考えを払拭してくれそうなほど、気軽に作れそうな材料や手順が嬉しいレシピばかりだ。

出汁の取り方ひとつでも、目からウロコ!なことが記載されていて、本書を読んで良かった。

本書で紹介されているメニューは、意外な組み合わせのスープがあったりするのも、ユニークでそそられる。

おかずになるスープ、おつまみになるスープ、フルーツのスープなど、スープの多種多様さを目の当たりにてみて、驚きつつもそれぞれを味わってみたくなった。

時々スープ専門店を利用するが、スープを自宅で作るにはハードルが高いものが多いと思っていた。

しかし、本書を読んでみて、自分で作れそうなスープからチャレンジしてみることで得られるものを経験してみたくなった。