「女の性欲解消日記」藍川じゅん著を読んだ。

本書は、タイトルからも大体察しがつくかとは思うが、女性の性欲について、あるいは著者である藍川じゅんさんの性欲について、書かれているエッセイだ。

女性の性欲は、ないものとされたり、タブー視されることもあり、日常で気軽に話題にすることは極めて少ない。

親しい間柄であっても日常会話で話す機会がないからこそ、女性の性欲解消に関するグッズや女性用マッサージなど、どんなものがあるのかということに、興味津々だったりもする。

本書を読んでみると、藍川じゅんさんがご自身の性欲についてさらけ出してくれたことを、いかがわしい、とは言い切れないし、言うつもりもない。

むしろ、どこか羨ましいような気持ちすら芽生える。

性欲について、なんでもかんでも語れる相手を求めるのは難しい。

だからこそ、自分自身の性欲や身体を受け入れている藍川じゅんさんの姿は、眩しいようにも思える。

藍川じゅんさんがされていることを全て真似してみようとはならないけれど、本書を読んで、少し気が紛れた。